布ナプキン情報blog

2006年10月25日

月経カップ--資源を無駄にしない。お手入れが楽。でもちょっと扱いに慣れが必要--

sponsored link

わたしはまだ未使用ですので、調べて集めた情報しかありません。
月経カップとは、膣の中に入れる小さなカップです。
利点などは簡単に言えばタイトルのように、繰り返し使えて資源を無駄にしないこと、布ナプキンよりさらにさらにお手入れが楽なこと。デメリットは使うのになれが必要で、人によっては痛みをともなったりしっくりこないことがあるようです。

わたしも近々チャレンジしてみようかな。
そのときはまたレポしますね。

この記事の一番下に、月経カップの使用感をレポされているページへのリンクがありますので、ぜひ読んでみてくださいね。

月経カップとは、ナプキン、タンポンに替わる生理用品である。英語ではMenstrual cup(メンストラルカップ)と呼ばれる。主にアメリカ、イギリスなどの英語圏で販売されている。鈴の形をしていて、タンポンと同じように膣の中に入れて使用する。天然ゴム(ラバー)、シリコンなどの素材で作られる。代表的なものにKeeper(天然ゴム)[1]、DivaCup(シリコン)、Mooncup(シリコン)[2]などがある。そのほとんどが再利用可能で10年以上使用できる。使い捨てのInsteadという月経カップに似た製品もある。

特徴

良い点
ケミカルナプキンやタンポンなどから発生するダイオキシンや他の有毒物質を体に取り入れる危険性がほぼない。
長期にわたって使用できるので資源の無駄を防ぐことができ、紙の大量使用による自然環境破壊を引き起こさない。
1個あたり日本円で3000円前後と単価は紙ナプキンなどと比べて高価である一方、長期使用することで結果的にかかる金額が少ない。
布ナプキンと違って、洗浄に時間がかからない。
経血が外気にほとんど触れないままカップにたまるため、漏れ及び経血につきものと思われている「匂い」がほとんど出ない。
カップ洗浄時に、自分の血液やおりものの量や状態を的確に判断する事が出来るので、健康管理に役立つ。

悪い点

使用者によっては出し入れを困難に感じる。使うに従って慣れていくことも多い。

歴史

1930年代にアメリカで存在が確認されている。ただしこのカップは堅かったため、あまり普及せず、戦後の50年代に柔らかい素材で新たに販売され売れるようになった。Kepperは80年代、insteadやmooncupは90年代になって出てきたもの。

使用方法

月経カップは膣内に装着して使用する。血液を吸収するのではなく集めるので、タンポンのように膣内が乾くことはなく、膣の自浄作用を邪魔しない。
月経カップは膣の下の方に装着。少し高めの位置に移動することもあるが、子宮口にかぶせる様にデザインされているわけではない。
タンポンは子宮口のすぐとなりに装着されるのが望ましい。こうすることで十分な大きさに広がることが出来る。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


mixiに月経カップのコミュニティーがあります。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=249730


ラブピースクラブで月経カップの記事がよめます。
http://www.lovepiececlub.com/kubosato/kubosato_23.html
http://www.lovepiececlub.com/kubosato/kubosato_08.html

女性にやさしいエコライフさんでディーバカップ(月経カップの品名)の使用感がまとめられています。
http://earthecolife.blog70.fc2.com/blog-entry-11.html


EP : end-point 科学に佇む心と体 Pt.1「チョーすぐれもの生理用品 Diva Cup」
http://am.tea-nifty.com/ep/2004/12/diva_cup.html

posted by 布ナプキンつかお♪ at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 布ナプキン以外の「エコ」な生理用品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
記事検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。